寝室のコーディネート

まずはベッドの選び方についてご紹介するのですが、その前にベッドルームコーディネートの考え方について少しお話したいと思います。
ベッドルームでのコーディネートを考える場合、主な方法は2種類あります。
インテリア家具のみを統一させる場合と、ベッドルームとインテリア家具を統一させる場合です。

まずはインテリア家具のみを統一させる場合についてです。
この場合、部屋全体の色を見るのではなく、インテリア家具の色だけを統一させます。
インテリア家具のカラーを全て統一すると、部屋全体に一体感が生まれることになります。
それによって寝室のリラックス度も高まりますね。

ベッドルームとインテリア家具を統一させる場合、部屋の建具や壁の色にインテリア家具をあわせることになります。
この場合、より強い一体感が生まれ、部屋を広く感じたり連続性が生まれたりということが期待できます。
ただし、全てを同じ色で統一してしまうとそれはそれでぼやけた印象になってしまいます。
統一するとはいえ、どこかで少しずらしてあげることも必要です。

この考え方を基本として自分のコーディネートを見つけていくわけですが、ポイントとなるのは色を増やし過ぎないということです。
あまりに多くの色を使ってしまうと部屋全体がバラバラな印象を与えてしまい、休むはずのベッドルームで落ち着かなくなってしまいます。
色の使用を抑えることを念頭に置いて、その上で自分だけのコーディネートを見つけてくださいね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments